季節の養生

大寒(だい かん)
2022年1月20日、例年1月20日頃には大寒を迎えます。
( 1月20 日頃/初候 :蕗薹(ふき)の華さく,次候 :沢水氷つめる,末候:鶏始めて産む)

小寒(しょう かん)は2022年1月5日に迎え、例年1月5日頃になります。
小寒では、寒さが一層強くなリ、この小寒からが寒さが厳しくなり、冬本番といえます。池や川の氷もさらに厚くなリますが、地下では凍っていた泉の水がとけて動きだし、雄鶏(雉) が喝きはじめます。せリが盛んに生えはじめ、梅も咲きはじめる時期となります。厳しい寒さの中に、春の息吹が顔をのぞかせます。

2021年は12月7日、毎年12月5日頃には大雪(たいせつ)をむかえ、本格的な冬の到来になります。文字通り、北国では本格的な降雪積雪がはじまり、全国的にも朝夕には、川や池に氷が張り、冷たさが増してゆきます。

2021年は11月22日ころ、毎年だいたい11月20日ころには、二十四節気の小雪(しょうせつ)を迎えます。
天の気は上昇し、地の気が沈み太陽が北に傾くので日差しは弱くなって冷え込みが厳しさを増します。
虹をみかけることが少なくなるといわれ、北の地方から徐々に積雪が始まり、冷たい北風が木々の葉を落としますが、柑橘類は黄色く染まります。

2021年は11月7日に立冬を迎え、暦の上で冬を迎えます。水仙や椿の花に本格的な冬の訪れを買いま見ることができます。

陰陽のバランスでは陰気がさらに増して、陽気はさらに地に潜む時期になります、陽差しは弱く短くなり、北から木枯らしが吹きはじめると、池や湖や大地が凍りはじめます。

2021年は10月23日には霜降(そうこう)を迎え、秋の最終の節気となり、立冬には暦の上で冬を迎えます。
露は陰気に結ばれて霜となり、また草木は冬に備えて代謝をおとすため紅葉から落ち葉や白化粧が始まります。雨は冷たい秋雨となって静かにしとしと降る秋の長雨が多くなります。

2021年は10月8日に二十四節気の寒露(かんろ)を迎えました。
寒露は秋の深まりが身近に感じられる、晩秋の節気です。陰陽では、陰気が主となるので、草木につく露の冷たさに深まりゆく秋を感じる方も多いでしょう。そして、この時期は(菊花(菊の花)が美しい時期になります。秋雨前線のため秋の長雨の傾向が強まり、収穫の秋を象徴する稲刈りも終わりをむかえます。

こんにちは、

治療よりも予防、予防よりも養生のイヌイ薬局です。

今日、2021年8月23日には二十四節気の「処暑(しょしょ)」を迎えます。

処暑を迎えると朝夕に秋の気配が顔をみせはじめ、心地よい涼しさを感じる日が増えてきます。

吹き始める西風にのって稲穂は実り収穫の時期に備えます。

夏の厳しい暑さが影を潜め秋の気配がしのびよる時節。一方で、残暑の疲れが現われる頃。

2021年8月7日は立秋で暦の上では秋を迎えます。

立秋(りっしゅう)の季節特徴

 

天の気は秋を迎え、空の上では温度が下がり湿度も下がって乾燥の季節になります。が、地の気にはまだ、夏の暑さが残るので、日中はまだ暑く残暑が続きます。

暑さが残るなかの乾燥は、温燥(おんそう)と呼ばれ強い乾燥が現れるので